SharePoint Framework 開発入門 まとめ

はじめに

※ 2020年5月3日更新

SharePoint Online を安全にそしてパワフルに拡張するための開発フレームワークである SharePoint Framework 。

これまでの SharePoint 開発手法とは大きく異なり、オープンソースのツールを駆使した開発環境とクラウドを前提としたアーキテクチャを採用しているため、昔からの Windows 系開発者にはなかなか取っつき辛くハードルの高いものとなっています。

私もそのうちの一人。

それでも、クラウド時代に生きていくためには必要な知識なので、少しずつでも情報を蓄え、手を動かし、経験を蓄えて、その成果をブログにまとめて行っています。

このページでは、沢山の情報をなるべく一か所に集約し分類分けしてまとめることで、SharePoint Framework 開発にこれから取り掛かる開発者が、少しでも早く立ち上がることができるように情報提供をしていきたいと思います。

なお、情報はまだまだ全然足りないので、自分のブログ記事を追加するだけでなく、有識者の方、先駆者の方が作成した良い記事を見つけたりしたら、勝手ながらここに追記させていただきたいと思います。

開発環境

SharePoint Framework の開発環境構築に関する情報です。

Docker を使った開発環境構築

バージョンアップの早い SharePoint Framework の開発では Docker を使った開発環境を使用するのがお勧めです。

Docker を使わない開発環境構築

Docker が動かない場合は、Windows、Mac、Linux に直接開発環境を構築することももちろん可能です。

開発できること/もの

SharePoint Framework を使うことで SharePoint Online や Teams で使用できるパーツなどを開発することができます。

SharePoint

SharePoint では、Web パーツ、拡張機能 (ヘッダ、フッタ、コマンド、フィールド) などが開発できます。

Teams

Teams では、タブと Personal Apps の開発ができます。

Office アドイン

Office アドインでは、デスクトップ版および Web 版の Office で使えるアドインの開発ができます。

必須知識

SharePoint Framework の開発で必ず必要になる知識をまとめました。

  • SharePoint REST サンプル集
    SharePoint Framework で SharePoint からデータを取得する際には REST を使用します。
    良く使う REST のサンプルをこちらのページでまとめています。

公式情報

マイクロソフト公式の SharePoint Framework に関する情報です。

  • Docs
    教科書的なドキュメントです。
    基本的なことは、実はすべてここに書いてあります。
  • Microsoft SharePoint Blog
    SharePoint Dev Weekly、SharePoint Development Community (PnP) Update など、開発者向けの記事や動画配信がされています。
    英語ですが、開発画面の動画だったりするので、言葉を理解することはできないけど雰囲気はつかめますw
  • sp-dev-docs
    マイクロソフト公式ドキュメントの基となっている GitHub 上のドキュメント。
    トップページには SharePoint Framework のリリースノートへのリンクがあり、このページを見ることでバージョンごとの SharePoint Framework の変更点を確認することができます。
    また、新しいバージョンがリリースされた際もこのページが更新されるため、バージョンアップの有無のチェックにも使えます。

SharePoint アドイン

SharePoint Framework ではないのですが、SharePoint Online に対応したもう一つの公式開発方法として、SharePoint アドインというものがあります。
こちらは、ASP.NET MVC を使った開発となります。
以下に、SharePoint アドインの開発についての情報をまとめました。