SharePoint Add-ins 開発で AngularJS と TypeScript を使う

By | 2015年12月22日

この投稿は、Office 365 Advent Calendar 2015 の 22日目の記事です。

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。

今回は、最近私が本業のシステム開発で活用している、AngularJS と TypeScript を使った SharePoint Add-ins の開発方法をちょっとだけですがご紹介します。

AngularJS も TypeScript も SharePoint 開発とは直接的な関係は無い、一般的な Web 開発でも使われる技術ですが、こういった最近の Web 技術を取り入れて開発をすることができるのが、SharePoint Add-ins 開発の良いところかと思います。
特に AngularJS と TypeScript の組み合わせは、業務システムの開発をするのにも非常に効果を発揮してくれます。

現に、私は現在 SharePoint Add-ins の開発に携わっており、フロントエンドは AngularJS + TypeScript で実装し、バックエンドの SharePoint REST API やその他の REST API を呼び出してフローを回す業務システムを開発しています。
いずれは業務システム開発でこれらの技術を使う場合の勘所をご紹介したいと思いますが、今回はそれよりもだいぶ手前の初歩的なところだけお伝えします。
本当はソースコードも載せてその解説までと思いましたが、公開に間に合いませんでした。
ソースコードは用意してあるので、後日ソースコードの掲載と説明を書き加えたいと思います。

ということで、以下が記事へのリンクとなります。

AngularJSとは
SharePoint add-ins開発でAngularJSとTypeScriptを使用するための手順
AnguarJSとTypeScriptによるSharePoint add-insのサンプル開発 -> 後日!

コメントを残す