エラーページの表示を切り替える方法

By | 2015年1月31日

SharePoint 開発をしていると一度は悩む(?)、どこでもキャッチしていない例外(未処理の例外)が起きた時に表示するエラーページを切り替える方法についてまとめました。

切り替え方法

エラーページは SharePoint の IIS サイトの物理フォルダにある web.config の以下の属性の設定により切り替えることができます。
・SharePoint タグ配下にある SafeMode タグの CallStack 属性
・system.web タグ配下にある customErrors タグの mode 属性
・system.web タグ配下にある compilation タグの debug 属性

SharePoint の IIS サイトは以下の場所にあります。
C:\inetpub\wwwroot\wss\VirtualDirectories\80 ←最後の 80 はポート番号

また、_layouts フォルダ配下のアプリケーションページ等で発生した未処理の例外に対するエラーページの表示切り替えを行う場合は、_layouts フォルダ配下にある web.config の customErrors タグの設定も忘れずに行ってください。

_layouts フォルダは以下の場所にあります。
C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\Web Server Extensions\15\TEMPLATE\LAYOUTS
※15 フォルダは SharePoint のバージョンにより数字が異なります。2013 の場合は 15 となります。

web.config の各属性の具体的な設定は以下の通りとなります。

エラーページの種類 CallStack 属性 mode 属性 debug 属性 
 不明なエラー false On false
標準エラー true On true
詳細エラー true Off または RemoteOnly true

以下、各エラーページのキャプチャーです。

不明なエラーページ
error-standard

標準エラーページ
error-runtime

詳細エラーページ
error-detail

コメントを残す