ページに追加できる Web パーツを制限する

By | 2013年9月8日

はじめに

ページの編集権限を持つユーザーは、ページに対して自由に Web パーツを追加することができます。
追加できる Web パーツには SharePoint に最初から組み込まれている標準的な Web パーツの他、市販の Web パーツや、自社の独自の Web パーツなど、色々なものがあります。

自由に Web パーツの追加ができることは良いことではあるのですが、場合によってはある程度規制をかけて使い方を統制したいとか、不具合が直るまで新たに配置させたくないなど、自由に追加されては困るということもあるかと思います。

そのような場合には、以下の手順で追加可能な Web パーツを制御することができます。

追加可能な Web パーツの制御手順

1.Web パーツギャラリーを開く

ページに追加可能な Web パーツは、Web パーツギャラリーで定義されているので、まずは Web パーツギャラリーを開きます。
この操作は、サイトコレクションの管理者など、サイトコレクションのフルコントロール権限を持つユーザーで行なってください。
clip_image001_2_7D71E692

2.追加させたくない Web パーツを探す

Web パーツギャラリーを開くと、たくさんの Web パーツが表示されます。
ただし、すべて Web パーツファイルの名前で記載されているため、すぐに目的の Web パーツを見つけることができません。
Web パーツファイルの名前の部分をクリックすると、その Web パーツのプレビューが表示されるので、目星をつけて Web パーツファイル名をクリックして、目的の Web パーツを見つけてください。

今回は以下の赤枠内のブログ系の Web パーツを対象にします。
clip_image0016_thumb_7D71E692

なお、Web パーツのプレビューは以下のように表示されます。
image_thumb_6880641F

3.アクセス権限を設定する

Web パーツギャラリーに表示されている Web パーツファイルは、ドキュメントライブラリに保存されているファイルと同じです。
そのため、Web パーツファイル一つ一つにアクセス権限を設定することが可能で、ここで設定したアクセス権限によって追加可能な Web パーツを制御できるようになっています。

ここでは、サイトコレクションの所有者だけがブログ系の 3 つの Web パーツを配置できないようにするため、閲覧者及びメンバーの権限を削除します。

アクセス権限の設定は、ドキュメントライブラリのアイテムと同様[共有相手]から行います。
clip_image0018_thumb_6880641F

権限変更前:
image_thumb_1_6880641F

権限変更後:
閲覧者およびメンバーを削除。
image_thumb_2_6880641F

4.結果確認

まずはサイトコレクションの管理者ユーザーでログインして、追加可能な Web パーツにブログ系の Web パーツが含まれているか確認します。
image_thumb_3_6880641F

上図の通り、「ブログ」というフォルダをクリックすると、Web パーツが表示されます。

続いて、サイトコレクションのメンバーのユーザーでログインして、追加可能な Web パーツを確認します。
image_thumb_4_6880641F

はい、「ブログ」というフォルダごと消えています。

これで、ブログの Web パーツはサイトコレクションのフルコントロール権限を持つユーザーだけしか追加できなくなりました。

コメントを残す